MENU
ぎぶ
4人の子育てを楽しむ、一般庶民で普通の40代会社員パパ。

家庭と仕事の両立をしっかりしようと一生懸命になり過ぎたために、いつも怒ってばかりでイライラ。

そんなある日、子供を育てているつもりが、「親が子供に育てられているのでは?」と気付いてから沢山の学びを得られるようになりました。

無理をせず、見栄を張らず、少しずつパパが成長することで、子供たちが『自分らしく幸せに生きる力』を身に付けてもらえたら嬉しいと想って、日々子育ての試行錯誤を楽しんでいます。

親の自分が変われば、子供も変わる、そんな学びをくれる『家族』に感謝。
「子育て」は「親育て」、器が小さくて失敗ばかり、反省ばかりだけどやっぱり子育ては楽しい。

パパが子育てをもっと楽しむお役に立てれば嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

中学生の子供と親子関係が良くなった!試して良かった1つのこと。

一番上の子と微妙な関係だった状態が少しずつ修復出来てきた気がします。

微妙とは子供が親に本音を言わない、いつも何か不満を持っている感じでした。

そんな親子の関係修復が出来た方法は単純に1つ、子供に安心感を与えることでした。

子供が親と微妙な関係になっていた理由は、親が子供を押さえつけること。

子供のためを思って叱っていること、叱っているつもりはなくて伝えたいこと、よく振り返って子供の立場で考えると、圧力がかかり過ぎていた可能性があります。

子供も小学校の高学年、中学生くらいになれば良く物事を理解出来るようになります。

だだ、それは直ぐに出来るようになるかはまた別の話、しつこく言わなくても子供には伝わっています。

子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「お試し野菜セット」

あとはその物事を理解して行動しようとするきっかけがいつの日か来ることを信じるしかありません。

子供にとって『好奇心』、『欲求』を事細かく制限する親は余計な存在でしか無くなります。

むしろ、伝えるべきことは伝えて、あとは見守って自由にしてあげるべき。

いちいち小言を言うよりも、『やってみたい!』を応援してあげて、認めてあげて、失敗も良い経験と許してあげる心持ちが必要でした。

気が付いた時が一番早いタイミング。

今からでも子供との接し方を変えれば、親子関係の修復はいつでも可能だと思います。

ただ、子供が大きくなればなるほどに、子供が親に心を許してくれるようになる、安心してくれるようになるには長い時間が必要となると感じました。

小学校の高学年くらいまでに子供に圧力をかけない接し方、見守り力をUPさせておくと良かったと思います。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「お試し野菜セット」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

4人の子育てを楽しむ、一般庶民で普通の40代会社員パパ。

家庭と仕事の両立をしっかりしようと一生懸命になり過ぎたために、いつも怒ってばかりでイライラ。

そんなある日、子供を育てているつもりが、「親が子供に育てられているのでは?」と気付いてから沢山の学びを得られるようになりました。

無理をせず、見栄を張らず、少しずつパパが成長することで、子供たちが『自分らしく幸せに生きる力』を身に付けてもらえたら嬉しいと想って、日々子育ての試行錯誤を楽しんでいます。

親の自分が変われば、子供も変わる、そんな学びをくれる『家族』に感謝。
「子育て」は「親育て」、器が小さくて失敗ばかり、反省ばかりだけどやっぱり子育ては楽しい。

パパが子育てをもっと楽しむお役に立てれば嬉しいと思います。

<関連ブログ>
↓40代ファッションブログ
ぎぶファッション
↓健康ブログ
ぎぶヘルシー

目次